2010年8月アーカイブ

相変わらず、厳しい残暑が続きますね。

夏バテには、こまめな水分補給と、弱った胃腸にやさしい食事が大事だそうですね。

キノコねたでいいますと、シイタケとマッシュルームにしか含まれていないと言われているエリタデニン。これは悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化予防にも効果が期待されているそうで夏バテで血管がヘタッテいる人には持って来いなのだそうですよ!
 それから、トレハロースは、保水力や低カロリーエネルギー分、ひからびた植物が水を得て復活する時に作用する物質として知られています。分かりやすい話としては、干し椎茸を水に浸すと元の状態にもどるのも、トレハロースの働きなのです。

今の季節はBBQのメニューにキノコを加え、家に帰ったら干しシイタケを利用したスープなどが健康に良いかも知れませんよ!

 

さて、写真は最近のなかのきのこ園の様子です。旬の秋を前に、シイタケが干からび内容に、こまめに水浴びをしているようですよ。涼しそう!

シイタケの水浴び1.JPG 夏場の散水は秋の収量に大きく影響するため、椎茸の発生ハウスが30度を超えないように、必要の応じて、霧状の水を散水してます。

特に今年の夏は暑いので、ほだ場の散水管理は重要な仕事となっています。

(なかのきのこ園 生産部 / 江藤 廉平さんにお話を伺いました)

 

 

シイタケの水浴び2.JPG

 

 

 

暑い夏! キノコにも水浴びを。

35℃を猛暑日が続きますねー。

暑さは、キノコ栽培の敵です。

自然を第一のキノコ栽培ですが、さすがに、こう毎日暑い日々が続くとキノコ達も弱ってしまうので、ハウスが30度を超えないよう、霧状に水を散水しています! 

実は、この夏場の散水は秋の収穫に大きく影響するんです。 

今年の夏のように、特に暑い年はほだ場の散水管理はとても重要なのだそうです。

(お話は、なかのきのこ園 生産部の江藤 廉平さんに伺いました)

2枚目.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗紹介

なかのきのこ園
なかのきのこ園
住 所 つくば市中野169
電 話 029-836-6003

コンシェルジュ紹介

龍太郎
龍太郎

美味しいものを求めて、日本全国、世界各国を歩き回ってます。
その土地で「最高の味」に出会うと、本当に幸せな気持ちになりますね。
このブログでは、生産者の『思い』と一緒に『美味しさの秘密』をお届けしたいと思います。

Powerd by SMACON