きのこ狩り体験

11月一杯、つくば各地で開催中のつくスタ縁日

http://www.tsukuen.net/

 

今回、その企画の一つ「もりもり散歩」で、『なかのきのこ園』のきのこ狩&BBQを私、情報コンシェルジュのRiewtaroが体験してきましたので簡単に報告させていただきます。

 

集合はつくば駅前。あいにくのくもり空だったのですが、チャーターバス一台、満席の盛況でした。

バスの中では、お互いに自己紹介しながら和気あいあいと進み、最初に茎崎の農家、ベルファームをhttp://www.bellfarm.e-tsukuba.jp/index.htm

を見学しました。ここは、何もかも無農薬で栽培しているのが自慢とのことで、参加者そろって、農園の中を歩きまわり、ケール(青汁のもと)、ニンジン、ショウガ、サツマイモ、コマツナ、ごぼうと収穫体験をさせていただきました。遠くは東京・千葉・埼玉から来られた方もいて、初めての収穫体験に大喜びしていました。

さて、お昼にいよいよ、なかのきのこ園に到着しました。

原木栽培ひとすじ40年の飯泉社長が一同にご挨拶。

"一般のシイタケと原木シイタケの違いは?"の質問に対して"焼いて食べればすぐにわかります!"と力強く答えてらしたのが印象的でした。

さて、簡単な説明の後、全員で温室に入り、待ちに待った"きのこ狩り"です!

温室の中は、一年を通してシイタケの好む暖か~い、もわっとした空気が漂います。これは、冬場にはいいかも。きのこ狩りは、採った後に重量を量り、その量に応じて課金されるシステム。6-7個で100gと教わって、子供には"7個採ればいいよー"と指示して、好きに採らせました。参加者一同、"わあ~"っと喜び、一斉に好きな場所に散って採集開始! と行きたかったのですが、実はこの温室内、ところせましと原木が並んでいるため、通路が人一人通るのがやっとです。お行儀よく、順番を待って入ることになりました(笑)。数百と並ぶシイタケの中で、大きくて形も良いものを求め、徘徊する参加者の姿は、正にジャングルの中で獲物を探す"ハンター"のようでした。

きのこ狩り.jpg

収穫したシイタケは、計量後、ビニール袋にパックしてくれて、これは大事に持ち帰ります。一方、ゲストハウス(シャンピニオンハウス)では、既にBBQの準備ができていました。お肉数種に野菜が沢山、そしてなめこ汁。さらにシイタケ&ご飯のお代わり自由のバーベキューです。面白いことに、石の板の上に具材を並べてジュージュー焼くスタイルです。農場でたっぷり(?)労働した後だけに、なおさら美味しいお昼となりました。 

 

きのこBBQ.jpg

さて、原木シイタケのお味は? うーん。本当に歯ごたえが違いますね。不思議です。一般のシイタケがふにゃっと口の中でつぶれるのに対して、ここのシイタケはもちっと歯ごたえ十分です。それから、焼いた時の香りもたまりませんでした。皆さんも、ぜひ一度いらしてみてはどうでしょうか。あ、もちろん生ビールも飲めますよ。

 

店舗紹介

なかのきのこ園
なかのきのこ園
住 所 つくば市中野169
電 話 029-836-6003

コンシェルジュ紹介

龍太郎
龍太郎

美味しいものを求めて、日本全国、世界各国を歩き回ってます。
その土地で「最高の味」に出会うと、本当に幸せな気持ちになりますね。
このブログでは、生産者の『思い』と一緒に『美味しさの秘密』をお届けしたいと思います。

Powerd by SMACON