食べて美味しいきのこの最近のブログ記事

つくばの良い品 直売店です

長~い冬ももうすぐ終わり? ずいぶんと寒い冬でしたね~(苦笑)。

鍋の季節ももう終わりかな。皆さん、以前、紹介した「冷凍きのこ」はお試しいただけましたか?

我が家でも、一段と旨みが増すため、すっかり定番となりました。

http://nakanokinoko.tsukuba-ibk.com/2010/12/post-10.html

 

今年の冬は、残念ながら、生しいたけが不足しているそうですが、そんな時は『干しシイタケ』の利用も良いようですよ。旨みの理屈は冷凍きのこと一緒です。『つくばの良い品』直販店の定番商品です。 『つくばの良い品』 直売店では、なかのきのこ園の干しシイタケをはじめとして、各種 Made in Tsukuba の品々を買うことができます。改札の外にありますので、電車に乗らない人も行けますよー。つくばセンター地区でお買物の際には、ぜひ立ち寄ってみては。

 

つくば駅前店s.jpg

 <つくばエクスプレス線、「つくば」駅前>

余談。

 ようやく、春がやってきそうな気配。気温もそうですが、この冬は雨がほとんど降らなかったため、我が家の家庭菜園もほとんど全滅してしまいました、、、。イチゴなんかも今頃から花が咲くと期待してたのに、枯れちゃいました。残念。

 規模は極小のミニ農園ですが、来季に向けての期待は同じ。私も週末はホームセンターに通って、次は何を植えようかな? と悩んでいるところです。とりあえず、ジャガイモの種は買いました。早く暖かくなるといいですね!

なめ茸

風邪の季節ですね。インフルエンザも流行っているようですし。

皆さん、お元気でお過ごしでしょうか?

私は、一時間ごとに手洗い&うがいを慣行して予防にはげんで(?)いますが、娘がコホコホし始めたと思ったら、やっぱり朝起きるなり、

『学校、休む~。』 と。

まあ、熱はないのですが喉を見ると扁桃腺が真っ赤っか。かわいそうなので、私が一日会社を休んで付き合うことにしました。

皆さんの家では、風邪をひいたら何を食べます? 私の家は、幼い頃から、おかゆに決まってました。熱いおかゆにバターを一切れ溶かして、醤油をたら~り垂らした"バターしょうゆ味"が定番。

そこに、ちょこっと"なめ茸"を乗せて食べるのが何ともいえず、美味なんです。そう、あのビン詰めのなめ茸ですよ。小さい頃は「なめこ、なめこ」と母に言われていたので、大人になるまでず~っとあれがエノキタケの加工品とは気付きませんでした。なんで、"なめ茸"なんでしょうね?

ま、何はともあれ、我が家では病気の際には欠かせない、食事なのです。

娘も 『おいしいっ』 と食べてくれました。きっとすぐに良くなるね(笑)。

たわいもない、我が家のキノコのお話でした。

キノコは冷凍すると美味しくなります

栄養たっぷりのキノコ。秋のハイシーズンを過ぎましたが、これからはお鍋が美味しい季節。

新鮮な採り立てキノコを味わう季節は終わりましたが、まだまだ飽きないですよね、、、?

ところで、キノコを食べる上で、とっておきの話を聞きつけました。何と、生のキノコを冷凍してから、加熱調理すると、旨み成分が増えてさらに美味しくなるのだそうです。女子栄養大学教授の青柳先生の研究によれば、ほとんどの食用キノコで、冷凍後に加熱することで旨み成分が3倍にも増えることがわかったのだそうです!

元々、キノコ類は生のままだと旨み成分を持たないのですが、熱を加えるなどして細胞を破壊すると、細胞内のRNAがヌクレアーゼという酵素で分解されて旨み成分に変わるのだそうです。生のキノコを加熱した場合、加熱途中で徐々に細胞が死んでいくため、少しずつしか増えない旨みが、冷凍したキノコを煮ると、全体が一気に旨み成分を作りだすために美味しくなるのだそうです。原理としては、干しシイタケと同じですね。

ただし! 原木シイタケの命、あの「歯ごたえ」は失われてしまうので、冷凍するのは心ゆくまで焼きシイタケを味わった後の残りものにしましょう。鍋物の他に、炊き込みご飯などにも良いかも知れませんね。

 

シイタケ.jpg

 

 

 

今年は、野菜が高いですねー。TV,新聞でも盛んに報道されてます。

つくば市内のスーパーで、青果売り場をのぞいてみるとキャベツが¥300近くもしたり、ネギもレタスも、白菜も、高いの何のって、、、、。これも、春は寒く、夏は猛暑で雨は少なく秋からの急激なに温度が下がると言った、今年の異常気象が影響しているとか。

 ところで、逆にキノコは空前の大豊作とか! 例えば石川県では、キノコが昨年の10倍以上の入荷となっているそうです。

 某・林業試験場によると、キノコの菌糸が増える梅雨から夏にかけて十分な降雨と高温が続き、秋にぐっと冷え込んだ年は豊作になる傾向があるそうです。正に、今年がそうですね。

 キノコ狩りによる食中毒事件も多発しているようですが、やはり、安全に秋の味覚を楽しむには、より自然に近い状態で栽培された『原木栽培』のきのこが一番ではないでしょうか!? 新聞を見て、早速近所のスーパーでチェックしてみると、、、、確かに国産シイタケ、マイタケ、エノキ、シメジと安い! それにサイズも大きめ。早速、我が家ではナベにしました。キノコは例年の2倍(笑)。

by 龍太郎

シイタケも色変わりするんです

シイタケって、いつも同じ色だと思ってませんでしたか?

私が、そうでした、、、、。 

比べてみるとわかるのかも知れませんが、夏の椎茸は白っぽいのだそうです。

水分が不足ががちになるからみたいですが、逆に、冬のシイタケは黒くなるのだそうです(これが、私達がよく知っている色かも知れませんね)。

夏の「白い」シイタケの写真をいただきました。シメジみたいな色合いですね、、、。

色.JPG

これから旬を迎える、シイタケ。山の紅葉のように、少しずつ、黒くなっていくのでしょうか、、、。不思議。なんだか、焼いたキノコが無性に食べたくなってきました(笑)。

原木シイタケって、健康に良いんだ!

原木シイタケには、健康に効く栄養が一杯!

原木栽培は、クヌギ、コナラ等の原木を使い、1年以上の時間をかけて木の栄養分だけで育てますので、その木の持っている栄養分を最大限に引き出して育ちます
一般栽培のシイタケと食べ比べて見れば、すぐにわかる、がっつりとした歯ごたえと、深いうま味が何とも言えません。

これからは、バーベキューが美味しい季節ですね。ご家族や仲間と野外でジュージューやりながら、こんなうんちくを語ってみてはいかが?
「お父さん、物知り!」と尊敬されちゃうかも知れませんよ。

原木シイタケの栄養価を『温泉の効能』風に言えば、、、

便秘、冷え性、不眠症、精神安定、疲労回復、強壮、食欲増進、高血圧、動脈硬
化予防、制ガン作用、老化防止、コレステロール降下
に効果があるようです。

医学的にみても、こんなに優れモノ。

免疫力の向上
 私たちのカラダは、ウイルスなどの外敵に感染すると、その増殖を抑えるため、インターフェロンというタンパク質をつくり出します。シイタケのRNA(リボ核酸:遺伝物質)
やレンチナンには、インターフェロンの生成を促す作用があるといわれています。

丈夫な骨をつくる
 骨を丈夫にするためには、カルシウムと一緒に、その吸収率を高めるビタミンDもをとることが大切です。シイタケには、ビタミンDやその前駆物質であるエルゴステロールがあり、これは紫外線を当てるとビタミンDに変化します。お料理する前に、30分ほど傘の裏面のひだを上にして日光にあてるだけで、ビタミンDの量が飛躍的に(一説では10倍近くまで)増えるそうですよ。

生活習慣病予防
シイタケに含まれるエリタデニンと呼ばれる成分には、血中コレステロールの排泄や血圧調整作用があるといわれるので、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防効果が期待できます。

さらに、、、便秘予防!
豊富に含まれる食物繊維は、便秘に効果的です。そのほか、腸内でコレステロールや発がん性物質を吸着し、排出をうながす作用もあることから、成人病や大腸がんなどの予防にも効果を発揮することがわかっているそうですよ。

BBQ.jpg

 

 

 

 

 

店舗紹介

なかのきのこ園
なかのきのこ園
住 所 つくば市中野169
電 話 029-836-6003

コンシェルジュ紹介

龍太郎
龍太郎

美味しいものを求めて、日本全国、世界各国を歩き回ってます。
その土地で「最高の味」に出会うと、本当に幸せな気持ちになりますね。
このブログでは、生産者の『思い』と一緒に『美味しさの秘密』をお届けしたいと思います。

Powerd by SMACON